T&Dアセットマネジメント(T&D保険グループ)

  1. コラム・レポート>
  2. 投資環境レポート>

2019年7月の投資環境レポート

経済見通し

日本経済
米中貿易問題の余波などもあり、減速感は見られるものの、消費増税対策などが景気持ち直しに寄与する見込み。
米国経済
これまで悲観に傾きつつあった企業景況感は、米中の貿易交渉によって、持ち直す可能性。
欧州経済
ユーロ圏経済
成長率や景況感に底打ちの兆しが見られるも、極めて緩やかな景気回復に止まる見通し。
英国経済
EU離脱に伴う不透明感が漂い、景気の下振れリスクが続く見通し。

市場見通し

債券
国内債券
長期金利は、マイナス圏での横ばい推移が続く見通し。
米国債券
米中首脳会談を受けて先行きの企業景況感持ち直しを予想するなか、金利についてもやや上振れる可能性。
ユーロ圏債券
長期金利は、一部の経済指標に底打ちの兆しもあり、上昇する見通し。
株式
国内株式
米中対立は当分の間は避けられる公算。割安感も手伝って、株価の下落余地は限られる見込み。
外国株式
EPSは伸び悩み、PERの上振れ余地も限られると見込む。こうしたなか、株価の上昇余地は限られよう。
為替
ドル円
米中対立激化回避と米朝関係改善に向けた兆しなどもあり、円安ドル高を見込む。
ユーロドル
景況感指数の方向感に差異があることを背景として、ユーロがドルに対して強含む可能性。
  • 本レポートは2019年7月4日の時点で得られた情報に基づき作成されています。

投資環境レポートの関連項目

投資環境レポートについて

本資料はT&Dアセットマネジメントが情報提供を目的とし作成した参考資料です。

各地域の経済や、債券・株式および為替について、現状分析および今後の見通しを掲載しています

  • 本資料は投資勧誘を目的としたものではありません。したがいまして、個別銘柄に言及した場合でも、関連する銘柄の当社ファンドへの組入れを約束するものでも、売買を推奨するものでもありません。本資料は、金融商品取引法に基づく開示書類ではありません。本資料は、当社が信頼性が高いと判断した情報等により作成したものですが、その正確性・完全性を保証するものではありません。本資料中の数値・グラフ等の内容は、過去の状況であり、将来の市場環境等を示唆・保証するものではありません。ご投資にあたっては、お客様ご自身でご判断ください。

アーカイブ

ファンド情報

  • 基準価額一覧
  • 分配金一覧
  • ファンドの休日
  • 国内株式型
  • 国内債券型
  • バランス型・その他
  • グローバル株式型
  • グローバル債券型
  • ブル・ベア型
  • インデックス型
  • 確定拠出年金
  • 注目ファンド
  • 販売会社から探す