T&Dアセットマネジメント(T&D保険グループ)

  1. 投資顧問業務>
  2. 国内債券>

クレジット運用

運用スタイル

社債等の信用リスクを内包する債券への投資に重点を置いたアクティブ運用を行います

ベンチマークには、事業債インデックスもしくは総合インデックスをウェイト調整したカスタマイズド・インデックスを使用します。

自社格付と他社(市場)格付との違いを収益機会と捉えます

債券運用部のクレジットアナリストが、各発行体の信用力分析を行います。

自社開発の『信用リスク計量化モデル』を使用します

信用リスクを内包した債券ポートフォリオのリスク/リターンを計測するために開発されたモデルです。ポートフォリオの信用リスクを計量化し、信用格付別アロケーションの策定やポートフォリオのリスク管理に利用します。

運用プロセス

個別銘柄選択

自社格付に基づき、信用格付業者等の信用格付が適切でないと考えられる銘柄、信用格付に見合わない価格で取引されている銘柄をポートフォリオに組入れます。

種類別/信用格付別アロケーション

一般債の市場動向および国債に対するスプレッド予想を行い、債券種類別/信用格付別の基本ストラテジーを策定します。

リスク管理

信用リスク(倒産等のインパクト)を含んだポートフォリオの収益分布は正規分布ではなく、平均分散アプローチが行えないため、自社開発の『信用リスク計量化モデル』を使用します。

[図] 運用プロセス

プロダクトの沿革

長期の運用過程で蓄積されたノウハウと確立された運用方針等により、各方面から高いご評価を戴いております。

1998年5月
社債運用開始
1999年4月
機関投資家向け私募投信の運用開始
2000年10月
年金向け運用開始
2002年5月
フランク・ラッセル社 マルチマネージャー投信の受託
2002年8月
大規模年金基金からの受託
2004年5月
大規模年金スポンサーからの受託
2005年5月
Asian Investor Achievement Award 2005を受賞(日本債券5年リスク調整後パフォーマンス)

投資一任契約、投資顧問契約に関するご留意事項

  • 当サイトは運用方法の一般的な説明を行うために作成したものであり、募集、申し込みの勧誘を行なうものではありません。
  • 実際の市場が当サイトと類似の推移をしても運用結果は当サイトとは異なった結果になる可能性があります。
  • 当サイトは信頼できると判断される情報に基づいて作成されていますが、当社がその情報の正確性、信頼性を保証するものではありません。
  • 当サイトに記載された内容、意見、予測は今後予告なしに変更される場合があります。
  • 当サイトで使用されている運用成果等のデータは過去のものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。