国内株式アクティブ・バリュー

運用スタイル

『期待値の低い企業』への投資による
効率的なリターンの獲得

株式市場における『期待値の低い企業』
(低成長・低収益企業)の特性

  • 実態 (現状の収益力、資産価値) 比較でもディスカウント
  • 業績悪化時等においても、株価下落リスクは限定的 (株価に期待が織り込まれていない)
  • 業績の向上等により、“ディスカウントの修正” + “プレミアムの付加”

期待値の高い企業(=プレミアム状態) ⇒ 多くの場合、期待が剥落(株価下落)

運用プロセス

STEP1:独自のバリュースコアを元に
バリューストックユニバースを作成

①ストック(資産)、②フロー(収益)、③投資リスクの3つの側面から客観的に割安度を計測した当社独自の『バリュースコア』を元にバリューストックユニバースを作成します。

STEP2:2つのアプローチで
ポートフォリオを構築

期待値の低い企業に着目した個別銘柄選択と、リスクコントロールの観点から組入銘柄を判断するセクターコントロールの二つのアプローチでポートフォリオを構築します。


投資一任契約、投資顧問契約に関するご留意事項
  • 当サイトは運用方法の一般的な説明を行うために作成したものであり、募集、申し込みの勧誘を行なうものではありません。
  • 実際の市場が当サイトと類似の推移をしても運用結果は当サイトとは異なった結果になる可能性があります。
  • 当サイトは信頼できると判断される情報に基づいて作成されていますが、当社がその情報の正確性、信頼性を保証するものではありません。
  • 当サイトに記載された内容、意見、予測は今後予告なしに変更される場合があります。
  • 当サイトで使用されている運用成果等のデータは過去のものであり、将来の運用成果を保証するものではありません。

最新情報をゲット

T&Dアセットマネジメント
ソーシャルメディア公式アカウント

お気に入り
ファンド