T&Dアセットマネジメント(T&D保険グループ)

  1. コラム・レポート>

エコノミスト 神谷尚志のコラム

Vol.223 2017年7月24日 日本株相場とPER(株価収益率)

日本株のPERは、2013年春ごろより比較的安定して推移しています。そして、現在、2013年4月以降の平均的な水準(およそ17倍)にあります。
今後、リーマンショックのような金融危機や大震災、政権交代などの大きなイベントがなければ、この状態(比較的安定したPER)は続くかもしれません。
だとすると、株価=PER×EPS(1株あたり利益)なので、日本株相場において、やはり企業収益動向は注目されることになります。

日経平均株価とPER

[図]

日経平均株価とEPS

[図]
  • 「日経平均株価」(日経平均)に関する著作権、知的所有権その他一切の権利は日本経済新聞社に帰属します。日本経済新聞社は日経平均株価を継続的に公表する義務を負うものではなく、その誤謬、遅延又は中断に関して責任を負いません。
  • 本資料は投資家の皆様にT&Dアセットマネジメントが情報提供を目的として作成したものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。本資料は当社が信頼性が高いと判断した情報等により作成したものですが、その正確性・完全性を保証するものではありません。また、本資料に記載された意見等は、本資料作成日時点の資料作成者の見解です。将来予告なく変更されることがあります。投資信託の取得をご希望の場合は、下記のご留意事項を必ずご確認いただき、ご自身でご判断ください。

エコノミスト 神谷尚志のコラムの関連項目

著者: 神谷尚志(かみやたかし)
T&Dアセットマネジメント株式会社 チーフエコノミスト

アーカイブ

ファンド情報

  • 基準価額一覧
  • 分配金一覧
  • ファンドの休日
  • 国内株式型
  • 国内債券型
  • バランス型・その他
  • グローバル株式型
  • グローバル債券型
  • ブル・ベア型
  • インデックス型
  • 確定拠出年金
  • 注目ファンド
  • 販売会社から探す